FAQ(よくあるご質問)


Q1. 自分で遺言書を書いてもよいのでしょうか。
はい。「自筆証書遺言」となります。ただ、執行する際、家庭裁判所で遺言書を開封するなど細かい規定がございますため、当財団では専門家に依頼する「公正証書遺言」をお勧めしております。
Q2.「相続人の遺留分侵害」とは何ですか。
遺留分とは、配偶者、子供、父母などに認められている相続財産の割合のことです。
遺言を円滑に行うために遺留分に配慮して寄附金額をお決めください。
Q3. 現金以外(土地、株式)などを遺贈できますか。
当財団でお受けできる財産は原則、現金とさせていただいております。
Q4.「通知人」とはどのような方がよいのでしょうか。
ご家族、ご友人などご自身が信頼できる方をお勧めしております。