個人情報の取扱いに関する基本方針


公益財団法人後藤喜代子・ポールブルダリ癌基金協会(以下「当協会」という。)は、個人情報の適正な取り扱いについて、法令を順守、またその基本理念を尊重し、「個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針」を以下のとおり定め、役職員等に周知徹底を図り、個人情報の保護管理に取り組みます。

1.個人情報の取扱いについて

当協会は、顕彰受賞者、寄附者、当協会諮問委員・役職員並びに当協会の業務に従事する者等関係者の個人情報を取得、保管、利用、委託、提供及び廃棄するにあたって、当協会が定めた個人情報取扱い規程に則って適切に取扱いいたします。

2.取得等について

当協会は、個人情報の取得に当たっては、利用目的を明らかにし、提供者本人の同意の上、提供された情報を取扱うものとします。

3.安全管理措置

提供された個人情報は、不正アクセス・盗難・持ち出し等による紛失、破壊、改ざん、漏洩等が発生しないよう慎重且つ適切に管理し、その為に必要な予防・合理的な安全管理・是正措置を講じます。

4.利用目的

当協会が取扱う個人情報は、当協会の業務遂行に必要な利用目的の範囲内でのみ利用いたします。尚、利用目的を遂行する為に業務委託する場合、法令等の定めに基づく場合、人の生命、身体及び財産の保護の為に必要とされる場合を除いて、個人情報を第三者へ提供する事はいたしません。利用目的を遂行する為に業務委託する場合には、委託先の個人情報保護に関する基本方針等の確認、訪問による保管、取扱い状況の確認等を実施し、委託先に対する必要且つ適切な管理・監督を行うものといたします。

5.事故発生時の措置

万が一個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等の事故が発生した場合には、直ちに個人情報提供者に通知するとともに、当該事故による損害を最小限にとどめるために必要な措置を講じるものとする。

6.苦情相談窓口

当協会は、個人情報に関する苦情・相談窓口を当協会事務局に設け、適切且つ迅速に対応し、問題の解決を図るよう努めます。

7.諸規定

本基本方針の実行に伴う諸規定については、適宜、理事長がこれを定めるものとする。

平成27年4月27日