顕彰論文選考理念


論文選考の理念

当財団定款第4条は、「この法人は、癌(とりわけ、肺癌)の基礎医学及び臨床医学への研究支援、助成並びにその成果の普及を通して癌撲滅に寄与することを目的とする」と定め、第5条1項に事業として「癌撲滅に寄与する基礎医学医療及び臨床医学医療に関する優秀な研究論文を著した日本人医学者に賞金を付与すること」を定めています。顕彰の対象は「優秀な研究論文を著した」日本国籍を有する臨床医乃至は医学研究者とし、「癌(とりわけ肺癌)撲滅に寄与する基礎医学及び臨床医学に関する優秀な研究論文」と、基礎医学も広く選考の対象とされています。
選考にあたる諮問委員会には委員長が設けられていますが、他の諮問委員と同等の投票権を有するに過ぎません。各諮問委員は、過去において確定された評価を持つ論文を採択するのではなく、自身の経験と学識に照らして「将来において癌(とりわけ肺癌)治療の臨床と研究に著しく貢献することが見込まれる論文」を選定し、応募者の年齢、性別、経歴等に一切とらわれず、論文の内容の貢献度のみを採択の基準としています。
当財団はフランス人ポール・ブルダリ氏が、妻である後藤喜代子様を肺癌のため66歳の若さで亡くされたことをきっかけに、同じような悲劇が繰り返されないよう癌の撲滅を願い、そして亡くなった喜代子様の栄誉として人々の記憶に残ることを願って設立されました。
この基金が癌治療の臨床と研究に役立つと同時に日仏友好の一つの礎となることを願い、ブルダリ氏は諮問委員の一人はフランス人であることを強く望まれ、熟慮の上で初代仏人諮問委員としてパリ大学医学部附属病院呼吸器内科蘇生学科のベルトラン・ドーゼンベルグ教授を推薦されました。これにより、パリで豊かな臨床経験を持つフランスの著名な臨床医が、我が国の医学者とともに闊達に議論を交わすことができる場が実現しました。この国際性を特色とする諮問委員会を実りあるものとすべく、次のような方法を採用しています。

国際性を担保する仕組み

仏人諮問委員に対して以下の権限が付与されます。
  • 1. 第一次選考時に日本人諮問委員が選考した論文に、仏人諮問委員が必要と認めた場合に論文一篇を追加する権限
  • 2. 最終選考時に日本人諮問委員の1.5倍の点数を付与する権限
応募についての詳細は「論文応募について」のページをご覧ください。